このページの先頭です

ムダ毛のセルフケアが不要!医療脱毛のメリットや料金などを解説

109views

投稿日:

ムダ毛のセルフケアの種類とデメリット

毛抜き

毛抜きによるムダ毛処理は1本ずつ行う必要があるので時間が掛かります。さらに肌に与えるダメージが大きいので痛みが大きく、傷ついた毛穴に雑菌が入り込むことで炎症などの肌トラブルが発生するリスクがあります。また、しっかり抜けきれなかった抜け毛が皮膚の中に残って埋もれ毛になる場合もあります。

シェービング

カミソリや電動シェーバーなどを使用したムダ毛処理は、手軽に行えて短時間で終わるので、ムダ毛のセルフケアに最も頻繁に利用されている方法です。ただし肌の表面に露出した部分をカットするだけなので短期間ですぐにムダ毛が目立つ状態になり、さらにカットしたムダ毛の先端が尖るために、触れると針が刺さったような感触がする場合があります。

また、カミソリを使用すると皮膚の表面に傷をつけてしまうため、雑菌が入り込んで炎症が起きたり、ダメージに反応してメラニン色素が増加することで色素沈着が起きるリスクがあります。

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックスを使用したムダ毛のセルフケアは、主に欧米で一般的に行われています。ムダ毛にワックスを塗布した後で、固まったワックスと一緒にムダ毛を引き抜くという脱毛方法です。セルフケアの中でもとくに脱毛期間を長く維持できる方法ですが、肌に与えるダメージが大きいので毛穴の炎症や埋没毛などが発生するリスクがあります。

医療脱毛の主な特徴

医療脱毛のメリット

医療脱毛の主なメリットは以下の通りです。

永久脱毛の効果がある

医療脱毛で使用されるレーザーは非常に高出力で照射されるので、ムダ毛の毛根に大きなダメージを与えられます。したがって、何度も医療脱毛の施術をくり返すことでムダ毛の再生力を奪って、二度と生えてこない状態にすることが可能です。こうした永久脱毛の効果は医療脱毛でしか得られない効果です。

たとえば、脱毛サロンが行っている光脱毛とはムダ毛に光を照射してダメージを与えるという医療脱毛と似た内容の施術ですが、ムダ毛の再生力を奪う効果はありません。

したがって、ムダ毛を薄くて目立たない状態に変化させる効果は得られますが、ムダ毛自体は生え続けるので定期的なセルフケアが必要となります。したがって、セルフケアが面倒で永久脱毛したいという方には医療脱毛がおすすめです。

脱毛に必要な期間が短い

医療脱毛には「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」、「YAGレーザー」といった高出力なレーザーが使用されます。いずれも肌の奥まで届いてムダ毛の毛根に大きなダメージを与える効果を持つため、短期間で脱毛施術を終えられます。

たとえば脱毛サロンの脱毛施術を終えるには平均3~4年ほどかかりますが、医療脱毛ならその半分の平均1~2年で脱毛施術を終えられます。

施術を断られる場合

医療脱毛に使用されるレーザーは、ムダ毛の中にあるメラニン色素に反応して照射されます。したがって真っ黒に日焼けしていたり地黒の方が医療脱毛を行うと、レーザーがムダ毛ではなくて皮膚に反応してしまい火傷などの肌トラブルが発生する可能性があります。

クリニックによってはレーザーの出力を変えることで肌が黒い方でも脱毛施術を受けられるようにしていますが、その場合は脱毛効果が薄れるので施術を行うメリットが半減します。そして妊娠中の方は、胎児への影響を考慮して使用される薬が限定されるため、肌トラブルに対して十分な処置を行えないなどの理由から基本的に医療脱毛を受けられません。

また未成年の方は、親を同伴したり親のサインや捺印のしてある書類を持参しないと脱毛施術を受けられません。そして16歳未満の方は、医療脱毛を行った部位にあるムダ毛の毛根が、時間が経つと再生する可能性があります。したがって、医療脱毛を行って永久脱毛したい未成年の方は、最低でも16歳を超えてから医療脱毛を行うことがおすすめです。

医療脱毛の料金

医療脱毛に必要な料金の平均額は以下の通りです。

  • 両脇 :25,000円~70,000円
  • 肘上 :40,000円~160,000円
  • 肘下 :40,000円~160,000円
  • VIO  :110,000円~210,000円
  • 膝上 :150,000円~280,000円
  • 膝下 :100,000円~200,000円
  • 全身 :300,000円~500,000円

(※4~6回分の脱毛施術に必要な料金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です