このページの先頭です

医療脱毛のレーザーと光脱毛の効果は違う!?主な特徴を徹底解説

53views

投稿日:

脱毛施術について

医療脱毛

アレキサンドライトレーザー

医療脱毛に最も利用されているレーザーです。レーザーの照射範囲が広いので、比較的短時間で脱毛施術を終えられます。また機器が肌に触れない中空照射という照射方法なので、肌のデリケートな部位に触れられることに不快感がある方に向いている方法です。

ダイオードレーザー

一般的なレーザーよりも高出力なため脱毛効果が高く、比較的短時間で脱毛施術を終えられます。また、機器の照射口が四角なのでレーザーの当て漏れがなく、脱毛の度合いにムラがありません。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは一般的なレーザーより皮膚の深い部分までレーザーが届くので、VIOやワキなどの毛深い部位にも高い脱毛効果を発揮します。したがって、他のレーザーで納得できる効果が得られなかった方にはヤグレーザーがおすすめです。

また、一般的なレーザーは日焼けした方や地黒の方が利用できない場合がありますが、ヤグレーザーは多少なら肌が黒い方でも利用できます。ただし、施術に伴う痛みが非常に強いので、麻酔や麻酔クリームなどを利用する必要があります。

光脱毛

光脱毛に使用されている脱毛器は以下のとおりです。

IPL(インテンスパルスライト)脱毛

脱毛サロンで最も利用されている脱毛器です。帯域の広い光エネルギーを照射することでムダ毛の毛根を弱らせて、脱毛を促進する効果を発揮します。元々、IPLはエステサロンで利用されていたので、脱毛効果に加えてニキビ跡を改善するなどの美肌効果も得られます。

SSC(スチームスキンコントロール)脱毛

SSC脱毛とはムダ毛の成長を抑える制毛効果を持ったジェルを肌に塗布したあと、その上から脱毛を促進するクリプトンライトと呼ばれる光を照射する脱毛方法です。施術に伴う痛みがとても小さいので、VIOなどのデリケートな部位の脱毛に向いている方法です。

医療脱毛と光脱毛の違いについて

脱毛効果

脱毛サロンの光脱毛とは、光の照射でムダ毛の再生力を弱める脱毛施術です。したがって、弱ったムダ毛は細くて目立たない状態になりますが、時間が経つと再生するので定期的なセルフケアが欠かせません。

しかし、医療脱毛は高出力のレーザーを照射することでムダ毛の毛根を破壊する脱毛施術なので、ムダ毛の再生能力を壊して生えてこない状態にする永久脱毛の効果を発揮します。したがって、定期的なセルフケアや光脱毛が面倒で永久脱毛したい方には医療脱毛がおすすめです。

脱毛に必要な期間

脱毛サロンで使用される光は低出力のため、脱毛施術を終えるのに3年から4年ほどの長い期間が必要です。しかし、高出力のレーザーを使用する医療脱毛は非常に効果が高いので脱毛期間が短く、光脱毛の半分ほどにあたる1年から2年の期間で脱毛が完了します。そのため、できるだけ短期間で脱毛したい方が利用するとメリットがあるのは医療脱毛の方だといえます。

医療脱毛に必要な料金

医療脱毛を行っているクリニックは医療機関なので、高級な医療機器を揃えた施設で医師などの医療従事者が働いています。したがって設備投資額や人件費が脱毛サロンよりも高額なため、それらが上乗せされる形で脱毛サロンよりも脱毛施術に必要な料金が高くなっています。

  • 顔脱毛  :50,000~140,000円
  • 両ワキ脱毛:30,000~80,000円
  • ヒジ上脱毛:60,000~150,000円
  • ヒジ下脱毛:60,000~150,000円
  • VIO脱毛  :110,000~200,000円
  • ヒザ上脱毛:150,000~280,000円
  • ヒザ下脱毛:100,000~200,000円
  • 全身脱毛 :300,000~500,000円

(※各部位4~6回の施術を行う場合)

光脱毛に必要な料金

脱毛サロンはクリニックより設備費や人件費が掛からないので、安い料金で脱毛サービスを提供しています。

  • 顔脱毛  :30,000~50,000円
  • 両ワキ脱毛:3,000~20,000円
  • ヒジ上脱毛:20,000~40,000円
  • ヒジ下脱毛:20,000~40,000円
  • VIO脱毛  :30,000~60,000円
  • ヒザ上脱毛:25,000~50,000円
  • ヒザ下脱毛:20,000~50,000円
  • 全身脱毛 :150,000~300,000円

(※各部位4~6回の施術を行う場合)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です